九州北部税理士会福岡支部は、福岡市中央区・南区に事務所を置く税理士および税理士法人で構成しています。

リンク集


九州税理士会福岡支部

福岡支部の活動

Activity the Fukuoka Branch

  1. TOP
  2. 福岡支部の活動
  3. 租税教育

租税教育

租税教育について

1.租税教育の意義

適正な納税義務の実現を図ることはもちろん税理士の使命ですが、税務の専門家という立場から社会貢献活動を行うことも職務の公共性に鑑み、また重要な使命であると言わざるをえません。租税教育事業は、その具体的事業と位置づけられます。その対象は納税者にとどまらず子供も含め広範囲に、そして所得税・法人税のみにとどまらず税全般に及びます。多くの人に正しい税の情報を伝え、税に関する詳しい知識をもってもらうことは、近代社会を運営していく上での基本的項目のひとつと言えるでしょう。

2.令和2年度租税教育活動(事業報告)

福岡支部は福岡市租税教育推進協議会の構成員として租税教育を推進する活動を進めており、令和2年度は以下の活動実績表のとおり、小学校3校、中学校0校、高等学校・高等専修学校0校合計3校で授業数7コマ、受講者数326名の租税教室を実施しました。
令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、実施不可能な学校が多数であったため小学校3校のみの実施となりました。

【租税教育委員会】

活動実績表
学校区分 実施年月日 学校名 授業形態 人数等 コマ数
小学校 2年7月2日 宮竹小学校 クラス別 149名 3クラス 4
3年1月13日 大楠小学校 クラス別 55名 2クラス 2
3年1月15日 草ヶ江小学校 3クラス合同 122名 合同 1
中学校 実施なし
高等学校 実施なし
合計(小学校:3校、中学校:0校、高等学校・高等専修学校:0校) 326名 7
前年度(小学校:7校、中学校:3校、高等学校・高等専修学校:5校) 2,580名 28